つれづれメイド喫茶日記

メイド喫茶の随想記みたいなものを書いていければなと思っています。

ドッキリに会ったときの話

10年ほど前、ある初めて行ったメイド喫茶での話。席につくとメイドさんが2人出てきて「はじめまして。新人の◯◯です」と深くおじぎをした。もう一人は付き添いらしく、「◯◯ちゃん今日が初めてなんです。よろしくお願いしますね」と言った。

今まで、新人さんに付き添いの人が付いて来るというケースに遭遇したことがなかったので何か違和感を感じた。

新人さんを見てみると、あるアイドルにそっくりだった。あまりにも似ているので、びっくりして目を見開いてしてしまった。「ご注文はいかがなさいますか?」と聞かれて、私は少し声が上ずりながら紅茶とケーキを注文して、2人は厨房へ戻っていった。

(えっ!何で?今のどう見ても◯◯だよなあ。でも何で◯◯がここにいるの?それとも似ているだけの別人かな?でも本物っぽかったよなあ)といった思考がぐるぐる巡り、頭の中がこんがらがってきた。

ふと、この店の雰囲気がおかしいことに気付いた。部屋をよく見回してみると、部屋の四隅がマジック・ミラーになっている。さらに目を凝らしてみると、うっすらカメラのようなものが見えた。やばい、これはテレビか何かなのか。

と思った瞬間、「すみません、私がもしもメイドさんだったらというドッキリだったんです」と言いながら、彼女が紅茶とケーキを持ってやってきた。そのあと少し世間話のようなものをして、お店を出るときに「ありがとうございました」と深々とおじぎをしてくれた。いい人だなあと思った。


外に出ると、ADらしき人が立っていた。「すみません、ぜひ番組にご協力頂きたいのですが、番組に放映されるのが嫌でしたらカットもできますし、モザイクにするといったこともできますので、ご希望を聞かせて頂けますでしょうか」と聞かれた。私は深く考えず、軽く「いいですよ」と答えて帰った。

しかし、日が経つにつれ、もしテレビに映ったらどうしようという思いがふつふつと沸き起こってきた。だんだん怖くなった。今のようにコスプレが市民権を得ているような時代ではない。メイド喫茶に対する偏見も強かった。

当日、頼むから映らないでくれと思いながら、その番組をおそるおそる見てみた、すると、いきなり私の顔が映り、彼女を見て驚いている私の顔から吹き出しが飛び出し「あれ?この人◯◯じゃないの!?」というセリフが出てきた。とってもありがた迷惑な演出だ。

もうだめだ。この番組を会社の人や友人が見ていたらもう終わりだ。でも、この番組はそれほど有名でなく、深夜に放送されているものだったので、知っている人はそれほど多くない。できれば職場の人が誰も見ていないことを願った。

次の日、会社に行くと平然と仕事をしていて、テレビの会話を振られることもなかった。「誰も見ていなかったんだ。ああ、よかった」と胸を撫で下ろした。

しかし、仕事が終わりかけになって、ふと上司に「ちょっと変なこと聞いていい?秋葉原に行ったりすることってある?メイド喫茶とか?」と聞かれた。どう答えればよいのだろうと私がうろたえていると、「あの番組ですよね。私も見てビックリましたよー」、「俺も見た見た」と続々周りに人が集まってきた。

その場は笑い話のような感じで収まったが、それ以来しばらくの間、話をしていても「でもこの人は自分がメイドクラスタであるということを知っているんだよな」ということを考えてしまい、仕事がしづらくなってしまった。

しかしこんな形でまわりにメイドクラスタバレをすることがあるなんて思ってもみなかった。

ルフナリゼ新メイド服のこだわり

f:id:zakisan3:20170401041040j:plain

髪型のルール

メイド長が髪を短く切っていたので、思い切りましたねと言ってみたところ、 「今しか切れないんですよ」と言うので、どうしてですかと聞くと、

ルフナリゼでは「4月から一年間、ずっと同じ髪型でないといけない」 というルールがあるからなのだそうだ。(イベント日、金曜日は自由にしてOK)

なぜそのようなルールがあるのかというと、マンガやアニメのキャラがいつも髪型が一緒なように、メイドさんをキャラ化、キャラ付けして、お客さんに顔と名前を早く覚えてもらうことができるのが理由なのだとか。
また、イベント日に違う髪型をすることで、いつもと違った雰囲気を出せるという効果もあるとのこと。

髪型にルールのあるメイド喫茶は結構あっても、一年間変えてはいけないというのには驚いた。 メイド喫茶ごとにそのようなこだわりや設定があるんだろうなと思った。

よく見るとこんなに違う新メイド服

明日から新しい制服になるとのことで、新しい制服が置いてあって、メイドさんたちがリボンを縫っていた。
新メイド服が今までのものとどう変わったのかを聞くと、変更点がたくさんあり驚いた。

f:id:zakisan3:20170401004827j:plain

f:id:zakisan3:20170401011150j:plain

f:id:zakisan3:20170401024903j:plain

f:id:zakisan3:20170401030440j:plain

メイド服は意外と重く、特に全円のものはかなり重くて、長時間着ていると疲れるので いかに軽量化するかを考えてデザインし、素材も軽くて丈夫で安っぽく見えないものを選んだのだそうだ。

今まで全円スカートが着たときに重いということを考えたことがなかった。
たしかにあの長さで布もよいものを使っているわけだから、重くならないはずがないと気づくのだが、言われてみるまで(もしくは着てみるまで)気づかないことだと思った。有名店のお店の制服も、実際に来てみると驚くほど軽くできているのだそうだ。

メイド服というものは元々いかに優雅さを持ちながらも働きやすくするかということを考えて進化をしてきたのかもしれない。

今はメイド服というのは様式美として見るものになっているけど、実際にメイド喫茶で働く人達が、再びメイド服の歴史というものを動かし始めているのかもしれない。

野田秀樹の脚本の中の「着ることは生きること」という言葉を思い出した。着る人がいてはじめて服になるんだと思った。

ルフナリゼで思い出したこと

なんだかショコラッテのことを書いたら満足してしまい、それ以来ブログを更新していなかった。「ブログ書いて下さい。最近メイド喫茶のブログをやる人ってほとんどいなくなりましたよね」と言われたので、ブログを続けてみようと思った。 自分が昔神と崇めていた人たちは、ブログをやめてしまっているか、または全然更新していなくなってしまっている。 ツイッターをやっていても、もうメイド喫茶とは関係ないことしかつぶやかなくなってしまっていたりする。

なぜこのようになってしまったかは明白で、メイド喫茶というものに失望してしまったからだと思う。

自分もメイド喫茶がものすごく好きな時代があったのだけど、だんだん好きな店が潰れていき、 ビジネスライクなお店が台頭するようになり、形だけのメイド喫茶が増えてしまい、 ショコラッテ、カフェドール東京、月夜のサアカス、Forget me notといった自分の好きなメイド喫茶がなくなってしまい 自分の好きな店で残っているのはシャッツキステだけになってしまった。

そんな自分に再びメイド喫茶熱を呼び覚ましてくれたのが、宮崎にあるルフナリゼというお店だ。 このお店のおかげで、メイド喫茶がまた好きなった。

宮崎に引っ越してきて、ふとしたきっかけで、「宮崎にシャッツのようなお店がある」と書いているブログを見かけ、他の人もシャッツっぽいと書いている人がいたので、行ってみることにした。

初めてお店に入るときは緊張して店の前を通りすぎて、もう一回外から中の様子を伺い、結局店を通りすぎて山形屋を3回まわってから店に入った。

このときに、ああ、この感覚懐かしいなあと思った。昔、秋葉原メイド喫茶に行っていたとき、家から2時間かけて秋葉原まで行って、自分の好きなお店なのに入るのが恥ずかしくて、結局店の周りを3周くらいして「今日は気分じゃないな」と言ってそのまま帰ることもあった。

でも、それもそれで楽しかった。この感覚を再び味わうことができるなんて思ってもみなかったので嬉しかった。

お店に入るとメイドさんがやってきて、初めてですかと聞かれてはいというと、お店のシステムを教えてくれた。30分500円で紅茶飲み放題。このシステムもシャッツと一緒だし、システムの説明の仕方と、説明の冊子もシャッツに似ていて、ああ、なるほどと思った。

メイド長の方に宮崎にシャッツっぽいお店があると聞いて来てみたんですと伝えると、メイド長は「うちってときどきシャッツに似ているって言われるんですけど、似てますかね。内装とかもシャッツに比べたら全然普通ですし」と言った。

「いや似てますよ。机が木ですし」と訳のわからない返事をしながらも、自分はここには確かにシャッツっぽい空気があるなと感じた。

そこで、「シャッツっぽさ」ってなんだろうと思った。

シャッツキステの魅力は、まず、

  • ロングメイドであるということ
  • 西洋の中世的な世界観の内装
  • 図書館のように本がたくさんあり、面白い本がいっぱいあること
  • ときどきゲーム大会的なものがあること
  • Wi-fiがあり、ノマド的な人にも使えること
  • ゆったりできること
  • ご飯、デザートが美味しいこと

といったところだが、そのなかでもシャッツの最大の魅力は次の3点だと思う。

こういう空気がこの店にはあると感じた。
メイド喫茶に行くのが楽しかったころの思いがふつふつとこみ上げてきた。

f:id:zakisan3:20170131024812j:plain

初めてお店に行った日が奇しくもオープン5周年の日だった
これも何かの縁なのかもしれない

ショコラッテのこと

ショコラッテというお店は秋葉原から少し神田よりの淡路町というところにあるメイド喫茶で、 2007年の3月に閉店してしまったメイド喫茶。 そのころ見ていたメイド喫茶マスターの方々のブログで大絶賛されていて、 伝説の店だという人もいたので、どんな店だろうと思って行ってみたのが最初だった。

他のメイド喫茶と明らかに一線を画したコンセプト

とにかくショコラッテはそのころ主流の萌え萌えなメイド喫茶とは一線を画していた。 メイド喫茶としては珍しくモーニングをやったり、夜も遅くまでやっていた気がする。 おかえりなさいませご主人さまといった挨拶もなく、お客さんと話すこともほとんどなかった。 制服もメイド服とは一線を画したもので、肩のところの天使の羽根がとても印象的だった。

f:id:zakisan3:20170109132340j:plainf:id:zakisan3:20170109132345j:plain
(引用)「コス&メイド―最新全国メイドサービス66店 (英知ムック)」

所作の素晴らしさ

当時のメイド喫茶は紅茶を注ぐときに砂糖とミルクを入れたあとにかき混ぜるところまでやってくれるところが多かったのだけど、 ショコラッテの紅茶の注ぎ方は、紅茶を持ってくるところからかき混ぜるところまでの所作がとても綺麗だった。 おそらく社員教育がものすごく徹底していたのだと思う。

特にすごいと思ったのはかき混ぜたあと、カップのふちにスプーンを当てて、 しずくが落ちないようにしてからスプーンを引き上げるところで、ここまで気を配っているのかと感動した。

料理の凝り具合

当時のメイド喫茶は、手作り料理ではない店が多く、美味しいと思える店はほとんどなかった。その中でショコラッテは料理にも凝っていて、南欧風カレーとか、味が独特すぎて何が入っているのかよく分からないけど美味いということがよくあった。

平日の夜、小説を読みながら

ショコラッテは平日の夜もやっていたので、会社終わりにショコラッテに行くということが多かった。 メイドさんと話すことがないので、ずっと小説を読んで過ごすことが多かった。

ショコラッテが他の店と一番違うところは、店の真ん中に流し台があることだった。 平日の終店近くになるとメイドさんはずっと流しでお皿を洗っている。 図にするとこんな感じ。 f:id:zakisan3:20170108232826j:plain 最初のころは、お客さんにずっと背を向けているなんて素っ気ないなあなんて思っていたのだけど、 あるとき、コーヒーを飲みながら小説を読んで、カチャカチャと音を立てながら メイドさんが食器を洗う姿を見ていたら、なんか平和だなあという気持ちがじわじわと込み上がってきた。 そこでふと、本当のご主人様とメイドさんってこういう関係性なんじゃないかと思った。 お皿を洗うことでお客さんの心をあたたかくすることができるなんて。

そのとき、自分の中のメイド喫茶の概念が変わった。メイド喫茶とは平和を味わうところなんだと。